10 20, 2002
ラーメン戦争

koryu akasakamitsuke small.JPG

赤坂見附駅の近くに、唐辛子入りとんこつラーメン、康竜が出来たのを見つけたのは、最近のことだった。やや甘めのとんこつスープに、旨みのある唐辛子の組み合わせ

食べる前から、オヤ、と思う。そう、この店のオーダーシステム、お客様お好み表で、麺のゆでかたの硬軟、スープの濃い薄い、4種類のトッピングの選択、辛さの調整をオーダーの前に行う...ちょっと前に食べた、六本木は旧防衛庁近くの「あの店」、とあまりに手法が似ているのだ。HP を調べると、そこには訴訟沙汰にまでなった本当のラーメン「戦争」があった。

一蘭は、福岡から最近関東にも店舗を広げつつあるが、康竜のマネにはほとほと頭に来たのだろう、今年4月に、訴訟という手段に出ている。

スープの味も微妙に違う(康竜もまずくはないが、スープの味の深みがちょっと足りない様に Kuma は感じる。)し、一蘭のウリである、ひとりひとりが食べるスペースがカウンター上のパーテーションで区切られた「お一人様仕様」になっている点(これで女性一人でも安心してラーメン屋に来ることが出来る。)までは、康竜もマネしてはいない。普通のカウンターだ。

しかし、顧客の好みを事前に記入するオーダーシステム、そして辛子ダレと甘目のとんこつスープの組み合わせ、カウンターの中の目隠しにもなる赤いのれん、セルフサービスのおひやのサーバー、替え玉のオーダーをランプで知らせるシステム、うーん、どう考えても似すぎている。しかも、康竜は目黒発祥で東京にだけ支店があり、本場福岡から来ているわけでもなく、かたや一蘭は創業昭和35年(!)である。これでは、のれん分けでもないので、訴訟される康竜に分が悪い状況だ。

こうしたビジネス・モデル的な模倣の裁判は、果たしてどういう形で決着が付くのだろうか。最近の事例では、ユニクロを展開するファーストリティリングが自社の店舗レイアウトやプライスカード、商品展示方法等を模倣したとしてダイエーのカジュアル衣料品売り場 PAS を不正競争防止法に基づき使用中止を求めて仮処分を訴えた事例が記憶に新しいが、その結果もやや玉虫色に決着した。訴訟から10ヵ月後の今年6月、不況で苦戦するファーストリティリングが、ダイエー店舗への進出交渉を再開することで、訴訟を取り下げたのだ。結局、当初は日本では画期的、とも言われたこの訴訟も最後にはオリジナリティーが消え、資本の論理の方が優先してしまっている様に見える。(ファーストリティリングは最初から交渉材料にしたいだけだったのかも、しれないが。)

この訴訟では、一蘭は老舗とは言っても、大企業では無いし、和解するメリットも薄いのかもしれない。ラーメン戦争の決着、しかと見守る必要がある。ラーメン好き的には、味やサービスで切磋琢磨してくれる分には大歓迎だが、ここまで人のアイディアを使っているとなると、問題を感じざるを得ない。

赤坂見附に開店した康竜の話に戻ると、一蘭との裁判に敗れて万が一閉店しても、申し訳ないがとても残念、というほどのラーメン屋では無いが、昼時になると長蛇の列で並ぶ気にもならない近隣の人気ラーメン店じゃんがらラーメンの格下バックアップ的な位置づけとしては、細くて硬い麺はマアマアだし、使えるところがある。赤坂近辺のラーメン屋として試され度い方は、お早めに.....

Posted by minami at 10 20, 2002 03:43 PM