10 23, 2002
さるげっちゅ事件

sarugetyou small.JPG

目の中に入れても文字通り痛くない(って本当に思う。)可愛い幼稚園年少組の長女が、ちょっとした事件を起してしまった。サルゲッチュ2に毎日それこそサルの様にはまってしまい、3D酔いになってまでひたすら300匹のピポサル捕獲に燃えていた小学生のおにいちゃんの現在の宝物、サルゲッチュ2の PS2 Disk。虹色にアヤシイ光を放つその円盤を、お兄ちゃんの不在時に私もやろー、と冒険心でドキドキしながら取り出そうとした彼女には、その Disk がノッチ構造でしっかりと収納ケースに固定されていることに気付く余裕は無かった。Disk の中心部のボタンを押せば簡単に取り出せるのだが、むりやり箱から彼女の最大の力で引き出そうとした瞬間....事件は起きた。

デジタル記憶媒体のもろさを、またまたまざまざと見せつけられた。完全にヒビが入ったその Disk は、PS2 のプレーヤーに入れても、文字通りカラ回りを繰り返すばかり。「この Disk は読み取れません。xxx エラー」なんて親切なことも、家庭用ゲーム機は教えてくれず、ひたすらカラ回りするだけ。

娘は自分がしてしまったことの重大さに気づいて泣き、息子も学校から帰ってきて、さあ最後の十数匹をつかまえるか、と下校途上ずっと考えてきたのに、そのあまりにも無残な Disk の姿を見て号泣。我が家はしばし子供の泣き声につつまれパニック状態に陥った。(らしい。当方は不在なので後で家内から聞いたのだが。)

息子が泣いた原因、それは、壊れた Disk そのものに対する、玩具損傷という事実というよりはむしろ、彼が誕生日にこの PS2 人気ゲームをもらってから1ヶ月、一日に許された短いプレー時間の中で丹念に積み重ねてきたゲームの各ステージクリアの労苦、全て手に入れるのに苦労したガチャメカ(注:ピポザル捕獲のためのスペシャルメカ類。)のことを思って泣いたのだった。

ともかくこの状況をなんとかせねばならない。新宿からの携帯電話で状況を聞いた Kuma は、はっとひらめいた。「ヲヲ、さくらやのポイントが今ごっそり入ったではないか.....」

Clie 衝動買いで得たポイントを、すばやくサルゲッチュ2の Disk に交換。それを持って家に帰ると、半べその娘、息子は狂喜して父親を迎え入れた。勿論家内もほっとした表情。

さらに重要だったのは、メモリーカードに蓄積した、息子のステージクリア記録が、新しい Disk に対しても有効だったこと。息子の1ヶ月の労苦(?)は、無事新しいサルゲッチュ2でも回復された。(シリアル番号の様なもの、そもそもこうしたゲームの Disk には無いってことでしょか。)息子の300匹捕獲完全達成の野望は、これであと数日で完結することとあいなった。

かくして Kuma Family のサルゲッチュパニックは数時間で解決を見た。Clie を買ったのは、やはり正解だった...(と、衝動買いを正当化するための補足記事でした。)

Posted by minami at 10 23, 2002 08:15 AM