11 19, 2002
味噌ラーメンだね、やはり。

Ittenbari shop small.jpg

外では、文字通り、ピープーと北風が吹いている。落ち葉が、路上でくるくると舞い始める。木枯らしが吹く晩は、やはり味噌ラーメンが恋しくなる。しょうゆより、とんこつより、味噌ラーメン。スープ表面の油の層が保温効果を発揮することもあってか、なかなかさめない。身体の芯まで温まる、秋・冬の定番、味噌ラーメン。

Ittenbari gyoza small.jpg

赤坂では、見附駅への途上、ということもあって、田町通りの「一点張り」に立ち寄る事が多くなる。ぱりぱりと表面の焼け具合が丁度良い餃子(ちなみに写真は5個のみだが、実際は6個入り。一口食べて、はっと Blog 取材せねば、という義務感(?)に立ち返り、デジカメで撮影した、取材者精神あふれる写真である。)にエビス・ビールという組み合わせで待つ。最近 MT を立ち上げた Taiga 氏の、ビール日記、を読んでいると、ついついエビス・ビールが飲みたくなってしまう。Blog による口コミ Marketing はアリだな、などと考えながら10分ほどすると、湯気がほかほかあがった味噌ラーメン、ハイお待ち。

Ittenbari miso raamen small.jpg

バター・コーン・味噌ラーメン、これで850円。濃厚な味噌の上で、バターがじわじわと溶けて、さらに濃厚な味に。ふうふう言いながら、一気に食べる。身体の芯から、あたたまってくる...ん、しかし、待てよ....何か足りない。何なのだろう、このエビスビール・餃子・味噌ラーメンの三種の神器にありつきながらも、物足りなさを感じるのは....

Ajishichi Miso Raamen small.jpg
わかった、原因は、1週間ほど前に食べた、中野駅前、味七の味噌ラーメンだ。味噌は一点張りほど濃厚ではないが、深みがあり、具となるもやしやチャーシューの量も豊富。ちじれ麺が、歯ごたえがあって、味噌のスープをからめて食べると抜群にうまい。脱サラした店主が始めた、白線通り(中野駅前から続くサンモール商店街と、ブロードウェイの間の、白いタイルの、飲食店が多く並ぶ小道)の一号店(本店・あかのれん)が繁盛して、第二号店(支店・あおのれん)が中野駅前に出来た。

Ajishichi small.jpg

そこに先日出かけて久しぶりに食べたばかりだったのだ。写真を見てもなんとなく、味七の方からおいしそうな香りがただよっている。一点張りも、決してまずいわけじゃない。標準より明らかに上だ。赤坂の飲食店街の真ん中、という好立地もあって、そこそこ行列が出来たりしている。でも、味七と比べると、また食べたいな~、と思わせるパンチが少ない。帰宅途上にあるからついつい立ち寄ってしまうのだが、もう一度どうしても足を運びたくなる、という点では、味七の方が上かな。地元ラーメン屋びいきかもしれないけれど。

Ajishichi Honten small.jpg

つらつらとラーメン Web Site を見ていると、高円寺の南、青梅街道から環七へ折れた、味噌一、もかなりうまいらしい。家から比較的近いが、一度も行ったことがない。ここにも今度突撃しよう。

うむー、一点張りから始めてとりとめのない味噌ラーメン話の展開になってしまったが、本日言いたかったことは、「秋・冬は、味噌ラーメンで温まろう。やはり。」(しつこい。)

(写真は、青のれんが、最近中野駅歩いてすぐのところに開店したばかりの味七支店、赤のれんが白線通りの味七本店。)

Posted by minami at 11 19, 2002 12:00 AM