2 16, 2003
CLIE NZ90 で MovableType Entry

この前の Entry で、PDA の存在が、NotePC の小型化と携帯電話の高性能化に挟まれて危うくなる、と指摘した。さて、では PDA は短期的にはどういう道筋を進むのか。そのひとつの方向性を示すのが、Sony から昨日発売された、CLIE PEG-NZ90。200MHz の PalmOS5 CLIE に、200万画素の CyberShot U20 のカメラ・モジュールが装着され、さらに Bluetooth 通信機能、Felica (JR の Suica カード)の読み取り機能、TV への JPEG 画像出力機能付きクレードルが付加された。PowerPoint を含む MS Office ファイルや PDF ファイルを Viewing 出来るアプリケーションも付属している。詳しい評価 Report は、当方が Waag (バック・CNET Japan) に投稿した、こちらを御参照。

NZ90 の進化を見ていると、PDA は携帯電話には早期導入が難しい高画素 CCD カメラの装着、よりクリアな液晶画面の追及、Web Browsing 機能の充実などで、自分の地位を確保しようとしている様に見える。


前の機種、NX-70V の Browser NetFront からはうまく出来なかった MovableType Entry 画面表示にも、細かな改善がされたのか、Zaurus SL-C700 同様可能となった。ただ、SL-C 700 では可能だった、MovableType の File Upload 画面への移行が、NZ-90 ではうまくいかず、とりあえずは Text 入力で多用することになるだろう。

同じ NetFront Browser でも、Browsing の機能は Linux Zaurus SL-C700 に負けるが、PIM や Mailer の使い勝手はむしろ NZ-90 に軍配が上がる。いずれにせよ、MovableType に対応する Moblog 入力デバイスの種類が増えるのは良いことだ。

Posted by minami at 2 16, 2003 06:03 PM