2 22, 2003
西落合の隠れ家そば処 遊(ゆう)

私の飲食の嗜好に、10年以上に亘り強い影響を及ぼし続けて来たグルメ・ナビゲーターの M 氏に連れられて、西落合の蕎麦屋を訪れた。先天的と思われる方向感覚欠乏症の M 氏(一緒に10回以上は訪れた行き着けの神田の焼鳥屋に、一人ではたどり着けなかったりする位、重症。)だが、今回は珍しく(?)的確にタクシーで道案内をしてくれて、JR中野駅から中野通りを北上すること約10分で無事到着。赤坂の隠れ家焼鳥屋、まいかに通ずるところのある、哲学堂公園からほど近い、西落合の閑静な住宅街の一角の、木造二階建ての古い民家。ライトアップされた庭を眺めながら、おいしい手打ちそばとお酒、週末のリラックスした会話を楽しむ。都会の隠れ家そば処、

純日本風の木造建築の家屋の中に、小さな部屋が二つ。大きな部屋がひとつ。小さい部屋では、こたつも用意されている。初めて訪れたのに、郷愁を感じる、木の優しさあふれるレトロ空間

メニューは自然食志向のものが多い。じゃこ天焼きと、たまご焼きが特におすすめだが、それを食べる為に使う醤油がまた美味。薄塩で、やさしい味。後味がほんのり甘い醤油というのは、初めて体験した。醤油は店の入口で販売もしていたが、買って来なかったことを後悔したくらい美味しいものだった。

仕上げのもりそばは、製麺教室まで開いているマスターの手のかかったもの。細くてコシのある田舎風そば。静かなゆったり出来る空間でのそば三昧。

狭い店で人気が出てしまって、お店の情報は HP に掲載されていないが、麺工房 遊 のコンタクトと地図が、実はお店そのもの。営業は午後6時~10時のみ。日曜・月曜・祝祭日はお休みなので御注意を。大江戸線の、落合南長崎駅から、徒歩8分。テーブル数が少ないので、予約する方が安全。

Posted by minami at 2 22, 2003 10:01 PM