3 17, 2003
FOMA + NetFront V3.0 で快適 Web ブラウジング

最近、Zaurus や CLIE の最新端末で、ACCESS NetFront ブラウザを使う機会が増え、高速なブラウジング・スピードや PDA の画面サイズにあわせた Web Page の表示能力の高さに驚かされることが多かった。

Air H" のアクセス・スピードの制限や PDA の画像処理能力の限界等はあったので、超高速という訳にはいかなかったが、CPU が200MHzを超えると、PDA での Web ブラウズもなかなか快適になるのだ、ということを実感してきた。

しかし最近 FOMA を入手した際、重要なスペックに気付いていなかった。そう、FOMA 本体にも、最近の機種には、NetFront V3.0 が内蔵されているのである。動画撮影機能の高さや、メールで扱える文字数の大幅増加等が目的で入手した FOMA だったが、このコンパクト・ブラウザによる快適な Mobile 環境からの Web Browsing は、非常にメリットの高いおまけ、だった。

4月から発売になる、Air H" Phone でも NetFront ブラウザが装備されるが、こちらは V2.0 とのこと。FOMA の方が進んでいる。

FOMA の 384Kbps の通信スピード + CSS や JavaScript にも対応する FOMA 版NetFront V3.0 の組み合わせは、実際に使ってみるとその威力がわかる。Air H" 128K + over 200 MHz PDA + NetFront V3.0 の組み合わせで Web Browse していたスピードの体感2-3倍の速度で、携帯電話に Asahi.com などのサイトがビュンと読み込まれるのはなかなか気持ちがいい。

MovableType で出来た Blog サイトも、Header 部分の表示など、少しおかしくなるところもあるが、大方読み込める。

勿論携帯電話利用故の限界、もある。それは、現状の FOMA では、メモリーが PDA などと比べると十分で無いので、Rich な Web Page は途中まで読み込んだところで、メモリー容量制限を越えてしまうこと。まあそれでも、かなりのところまで読み込めるので、常時持ち歩きの携帯電話端末からこなせる Web Browsing としては実用的と言える。ともかくも、全般に高速な動作は高く評価出来る。頻度高く見る Web を Short-cut で待ち受け画面下部に登録しておけば、当該アイコンをクリックするだけでその Page を見ることができるのも便利な機能だ。

しかし、重要なことを忘れてはいけない。FOMA の通信は、Air H" などと違って Packet 課金。iMode よりは安いパケット料金設定とはいえ、こんなにビュンビュン Web Site を読み込んだら、請求はいったいいくらになることやら。DoCoMo からの請求書を見るのが怖い今日このごろ。

Posted by minami at 3 17, 2003 07:01 PM