4 01, 2003
GameBoy Advance SP 獲得までの遠き道のり

GBA SP が発売される前、実は購入作戦として複数のシナリオを入念に練っていた。勿論、自分が欲しいわけではなくて、GBA フリークの長男を喜ばせる為。新宿のカメラ店や近くの玩具店では予約購入不可能なことをチェック、小規模なゲームハード・ソフト専門店では一店舗あたりの入荷数量がせいぜい各店数台という厳しい初期ロットの流通状況を、発売前のかなり早い時期から各所での聞き込み調査により確認、どうやら Lawson のロッピーから予約購入するのが一番確実、という結論に落ち着いていた。

そして、GBA の旧型を売り払い、臨戦態勢カンペキと思われた長男にそのシナリオを説明すると、意外な答えが...「もう少し時間がたって、ちょっと安くなってから買うほうが、お金も節約できるしいいや。」「!!!」ナイスな eGadget に就いては初期ロット購入に命をかける親の血を受け継いでいるとは思えない、冷静な小学校低学年の息子の発言に驚くとともに、まあ、それも確かにそうだわな、と、とりあえずは親も発売初日の入手を断念。しばらく待つことにした。それが過剰に長い待ち時間になることは、冷静な息子も、その父親も発売日には予想していなかったのだが....

「次のロットは2週間もすれば出るでしょ、きっと。」という玩具屋店員の言葉に従い、待つこと2週間。出ない。よく訪れる新宿のカメラ店のゲーム売り場は毎週末必ず覗いて見るものの、「売り切れ」「次回入荷未定」の表示ばかり。

店員に、「なんとか予約で買えませんか~」とネジこんでみても、「いや~、次いつ入るかわからなくて~時々来店してチェックして下さい。」と軽くかわされるだけ。最初は冷静に待ちモードに入っていた息子も、だんだんしびれを切らして、「パパ探して~」と涙声モードになってきた。

そんな時に店頭で仕入れた情報「どうやら3月29日土曜あたりに、次のロットが入荷するらしい」その信憑性は、はからずも近くのスーパーのチラシ上でも証明された。29日来店のお客様先着10名様に限り、GBA SP を買えるという広告が。GBA SP は、スーパーの客寄せネタになるほど、まだ入手困難なのである。

よっしゃー、スーパー店頭に早朝から並ぶか~!と一瞬意気込むが、考えてみるとその週末は旅行で不在。ふーむ、どうするか~。悩みつつ旅行から戻って、翌30日の夕方にスーパーに行ってみるが、「昨日開店と同時に売り切れです。」とのお答え。好きな色も自由に選べない条件付きなのに、やはり多くの GBA SP ハングリーな顧客が、群がっていた様なのだ。カメラ店に行っても、玩具店に行っても、「昨日は在庫あったのですけどねえ...」という答え。

しかし!ほとんどあきらめつつ立ち寄った、自宅近くのビデオレンタル屋兼ゲーム店の店の隅の目立たないガラスケースの中に、捜し求めていた GBA SP が6台!しかも全色完備。息子のリクエストのシルバーを1台、さらにおにいちゃんが手に入れたのを見て自分の誕生日のプレゼントのリクエストをすばやく GBA SP に切り替えた下の娘にメタリック・ブルーを1台、早速購入。

長期に亘った GBA SP サーチにやっと成果をあげた父親が、子供達から尊敬の眼差しを集めたことは、言うまでも無い。

それにしても任天堂、この在庫不足はもう少し事前の市場調査をきちんとやり予想をたてて、対処方法を考えて欲しかった~。意図的に市場に渇望状況を作り出す様なマーケティング手法だとしたら、それを子供相手にやってはいけません。子供に泣かれて困るのは親なのですから。(笑)

Posted by minami at 4 01, 2003 01:31 AM