5 06, 2003
Color Sidekick from T-Mobile 発売開始

5月5日より、ついにカラー版の Sidekick が米国で発売開始。(シリコンバレー出張中にも、テスト中のベータ版を某氏が使っているのを目撃していたが、やっと発売された。)CNET US に評価速報有り。Outlook とシンクロが出来ない点は不満としながらも、カラー化とメモリ容量の 32MB 化には一定の評価(10点中 7.8 点、Good。)を与えている。この情報は、米国市場の"The Gadget Weblog" の Gizmodo で発見。白黒版では、日本語勉強中の技術者がいたずらをして(真偽不明)、ROM に日本語フォントが入っていたが、カラー版ではどうなるのだろう。メモリーも 32MB に増えたし、これで日本語表示が出来れば、米国出張時に Moblie で使える便利な携帯電話+PDAになるのだが。

ただ、白黒の Sidekick を昨年試した時には、Silicon Valley 地域での GPRS ネットワークの穴の多さ(特に、アンテナ設置に住民がうるさい Palo Alto 近辺)や、音声電話端末としての Sidekick の形状の使いにくさも気になった。これらの点にも改善がなければ、eGadget うるさがたの多い Silicon Valley でも爆発的に売れることは無いのかもしれないが.....半年たって、通信インフラの状況は少しは変わったのだろうか。いずれにしても、常時接続の携帯電話+PDAの複合端末、今後も米国で急速な進化を遂げそうだ。

Posted by minami at 5 06, 2003 10:11 AM