5 02, 2003
四谷の忍(しのぶ)で牛タンざんまい

一週間のうちに名古屋、大阪と精力的に仕事で動き回っていたという「ん?」さんと、四谷に飲みに出かける。四谷の飲食店街、「しんみち通り」からひとつ市谷寄りの「日米英会話学院通り」を新宿方面に向け歩くと、店がちょっと少なくなった辺りで、右手のオレンジ色の看板が目に止まる。ここが四谷が誇る B 級グルメ向け飲み屋の大御所、たん焼き忍(しのぶ)。普段なら30分以上待たされる事もある、狭いつくりの人気店だが、ゴールデンウィーク中ということもあって10分も待たず入ることが出来た。さあ、目指すは、「日本一のゆでタン」。

しゃきしゃきとした歯ごたえの白菜の漬物と一緒に出てくるタン焼きや、じっくり煮込まれた洋風タンシチュー、タンの旨さが染み出たタンスープなど、牛タンのメニューは多彩で、全て美味。狭い店内で、厨房を囲む様に、客全員が文字通り肩寄せあって食べることになるのだが、それが不思議と店員と客の間に一体感を生む。狭くて会話が騒々しいけれど、妙にリラックスするこの感覚は、週末の夜に心地よい。

生ビールで乾杯しているうちに、さあて出てきた、看板メニューの「ゆでタン」。1cm 弱はあろうかという厚切りタンが、箸で簡単に切ることが出来るくらいじっくり時間をかけて煮込まれ、塩・コショウをまぶされた状態で出てくる。ワサビを表面に箸で塗り伸ばすと、タンを煮込んだおいしいスープが中からじゅじゅっ、と。ジューシーであつあつのゆでタンを、口の中に放り込む。すると、「・・・・・・・・ :-) 。」(言葉に出来ない至福状態。)にしばし入り込む事必至。


予約も可能だが、席を確保してくれる訳ではなく、ある程度順番を優先的にしてくれる位で、基本的にはしばらく店の前で並んで待たねばありつけない、四谷 B 級の味。牛タンざんまいのあとは、人気の表面パリパリの焼きおにぎりでお腹を満たすのも良し、数分歩いたところにある「こうや」に場所を移して、鳥ガラ白濁スープのしなそばを頂くも良し。お腹が一杯になったら、こうやから四谷駅方向に歩いてすぐ、左手ビル地下の Live Music Bar 「メビウス」でジャズ・ボーカルにひたるも良し。四谷の小さな繁華街の、B 級グルメな大人の夜は、かくして更けて行く。

Posted by minami at 5 02, 2003 10:27 PM