5 14, 2003
六本木ヒルズで、極上ロースト・チキン

数回訪れて、主として麺系のうまいところを探ってみたが、これまで美味しい店に出会えていなかった六本木ヒルズ界隈。本日は趣向を変え、久しぶりに会う M さんとの Dinner Meeting 用にレストランを探してみた。オープンしたての六本木ヒルズでレストランも予約一杯、と思いきや、当日でも結構予約が取れる。不況効果は、プラスに働く時もある。

ナビゲーションがいまひとつわかりにくく、フォント設定も目が悪い方にはかなり厳しそうな、デザインには一言・二言申し上げたくなる六本木ヒルズの Official Web Site のレストランのページをしげしげと眺め、一番最後の「その他のレストラン」項目の中にあった、「伊達鳥 Tensha」に決定。一見すると、何のことは無い普通のお洒落焼鳥屋に見えるこの店だが、「和食」項目では無く「その他」項目に置かれるにはそれなりの理由があった。この店の最大のウリは、伊達鳥の「ロースト・チキン」

レストランの入口をくぐると、いきなり目に飛び込んでくる、ロースト・チキンのロースター。香ばしい匂い。なんと14時間も特製タレにつけこまれてた後でじっくり1時間かけて焼くというこのロースト・チキン、全体にうまみがしみわたっていて、楽しめる。ジューシーでぱりぱりとした皮まで美味しい。自然な塩味としつこくないスパイスで、地鶏本来のうまさが生きている。付け合せのマッシュ・ポテトとキャベツとの相性もバツグン。

ロースト・チキンとともに、大きな調理用のはさみが手渡され、恐る恐る使ってみると、骨が多いロースト・チキンを取り分けるにはこれが非常に便利。普通にナイフ・フォークで切ろうとすると、つけあわせのマッシュポテトと鳥がまざって大皿の中がカオス状態になってしまうこと必至(体験済み。)なので、この切れ味の良いはさみは是非取り分け時に活用頂き度い。この美味しいロースト・チキンとともに頂くお酒は、ビールのモルツ・プレミアムもきりっとしていて良いが、発泡日本酒の「一刻」(ひととき)を試すのも面白い。アルコール度数7-8度とマイルドで、日本酒をカクテル感覚で、手軽に楽しめる。

予め席を予約する場合は、3900円または7000円のコース料理を予約する必要があり、このロースト・チキンもコースに含まれるが、焼鳥の盛り合わせなども全て食べてみた結果、この店は看板商品であるロースト・チキンがイチオシ、である。半身で1900円、と単品もあるので、これだけ食べるというのも良いかもしれない。閉店時間は眠らない街六本木ヒルズにしては午後11時と比較的早いが、じっくりと味付けした Tensha のロースト・チキンは、一度食べて頂く価値有り、と感じた。

食後に、「おいしい卵のプリン」とコーヒーを頂いた後、六本木ヒルズのヒルサイド地下2階、歩いて1-2分の距離にある、高級家具店 IDEE 経営の organic asian food & Bar の Rojack でカクテルを頂くコースが、おすすめ。重厚な家具に囲まれて、話は尽きないはず。こちらは朝4時まで営業なので、ゆっくりと眠らない街を満喫出来る。

Posted by minami at 5 14, 2003 12:56 AM