5 24, 2003
Zaurus SL-C750 で MPEG4 動画再生

最新の Zaurus で MPEG4 動画像を楽しむ、というのは昨晩 SL-C750 を購入した時点での大きな動機では無かった。前機種SL-C700 には MPEG4 Player が添付されて居らず、購入後週末の時間を使って新機種をいろいろ試しているうちに、その面白さが見えてきた。

DoCoMo ブランドのデジタルビデオカメラ Eggy, MPEG4 対応 TV 録画専用機 CE-VR1 といった Sharp の MPEG4 製品は使い続けてきているが、Sharp の一貫した MPEG4 関連製品への取り組みは高く評価出来るものがある。新型 Zaurus にも、その開発力が活かされている。美しい液晶画面と、高速で省電力な CPU を得て、Zaurus SL-C750 は実用的な MPEG4 Player、としても活用可能だ。Zaurus での MPEG4 再生の評価を行う前に、まずは、CE-VR1 側の下準備。


すでに製造中止となっていると思われる Zaurus の周辺機器として販売された、小型の MPEG4 TV 映像録画専用機、CE-VR1 は昨年、ビックカメラの在庫処分で5000円で手に入れた。その時は Zaurus は所有して居らず、Eggy で再生する TV 番組を録画する為に利用していたが、Eggy の液晶画面は TFT でなかなか綺麗ながらも小さいので、いつしか CE-VR1 はオクラ入りとなっていた。しかし CE-VR1 が、Erieri さんの PalmOSLove の記事で、FOMA P2102V で MPEG4 再生が出来るという事がわかり現役復帰。P2102V では、液晶画面を回転させて横型にすると、より大きな画面で MPEG4 画像を楽しむ事が出来た。これも、FOMA を購入した時点では知らなかったので、嬉しい誤算であった。

しかし一方で、携帯電話の CPU や扱えるファイルサイズの限界も有り、FOMA 上では高品位な画像を見ることは出来ない。FOMA の画面サイズにはちょうど良い画像ではあったが、MPEG4 画像をより大きな画面でシンプルに見る方法がないか、というのは、潜在的希望として持っていた。Sharp は、MPEG 4 録画・再生の携帯型の専用機MT-AV1 も発売していたが、単機能機にはあまり大きな魅力を感じられなかった。

そこで今回入手した Zaurus SL-C750 の Movie Player アプリケーション。シャープとしては同社の主力商品パーソナル・サーバーガリレオや液晶テレビのアクオスで録画した画像とのコンビネーションを考えている様だが、CE-VR1 とのコンビネーションも上々だ。

まずは、CR-VR1側の下準備として、ファームウェアをアップグレード。これにより、初期仕様では最高画質でも 320x240 ピクセルの最大画面サイズでは 5 フレーム/秒しか録画できなかったものが、PC を利用し設定を調整すると、7.5 フレーム/秒で録画可能になる。録画ファイルサイズはこれにより大きくなり、CPU パワーもより必要になるが、Zaurus SL-C750 での再生にふさわしい画像がこれで録画出来る様になる。(こういうファームウェア・アップデーターをちゃんと供給していた Sharp にも、メーカーの良心を感じる。)

さて、そして出来た画面を早速フルスクリーンで再生してみる。VGA サイズで再生するので、QVGA の元画像からは4倍に拡大して再生することになるが、画像品質はなかなか、だ。勿論、スムーズな、DVD/MPEG2 の様な美しい動画を期待すると裏切られる。フルレートの 1/4 の 7.5 フレーム/秒の画像は、高速なコマ送りの様な画像、ではある。音は、ステレオでなくモノラル。音は勿論途切れが無いし、最高品質にする高ビットレートの録音になっている。再生操作は、ソフトウェアによる画面タッチ・オペレーションの他、方向キー左右で前・後15秒の画像の早送り・巻き戻しが出来、スペースキーで画像を元サイズ・拡大サイズを切り替えられるのも便利。

映画を鑑賞するのには向かないが、ニュースなど、情報を得る為の動画再生では十分な役目を果たす。何より、Zaurus の大きくて美しい液晶で見る動画は、Light Mobile 環境で体験出来る動画としてはかなり実用的なもの、と言えるだろう。


Zaurus SL-C750 と CE-VR1 で見る MPEG4動画は、万人向けとは言えないが、On the road で手軽に画像を見たい、TV を家でゆっくり見ている時間が無い忙しい方には試してみる価値があると思う。二つ折り形状の本機で画像を再生、ヘッドホンで音声を聞くスタイルなら、通勤電車の中や喫茶店などで動画像を楽しむ分には、それほどスタイル的な違和感は無い時代になった。二つ折りの携帯電話や GameBoy Advance SP を電車内で操作しているのと、外見はそれほど変わらないはず。

アニメ番組等を録画しておけば、小さい子供を連れて旅行に出る時、移動に飽きてしまった子供が見る携帯ビデオ再生機、としても便利に使える。

手軽なネットアクセス端末としても高機能な Zaurus SL-C750 には、MPEG4動画再生機としての付加価値も備わっていた。Memory が 128MB と倍増、辞書が付属し、長時間バッテリーにも対応する6月21日発売の上位機種 SL-C760 は、価格的には1万円違うだけで更に特典が多いので、これから購入検討される方は、これを待つのも良いかもしれない。

Posted by minami at 5 24, 2003 03:52 PM