6 18, 2003
東芝 が米国で、10倍ズームデジカメを発表

東芝製の、PDR-M500 / 700 という10倍ズームレンズのデジタル・カメラが、米国市場で登場するというアナウンスが、New York 発であった。Gizmodo の記事から。

アナウンス記事中の注目点は、2.5 インチとデジカメにしては大型の LCD 液晶の搭載と、上位機種 M700 は 3.2 メガピクセルながら価格が US$ 449 と比較的安価であること。コンパクト10倍ズーム機は Panasonic や Olympus がしのぎを削っていたが、東芝の参入で俄然面白くなる。シャッター優先・絞り優先 AE、マニュアル撮影にも対応している点は、Panasonic の FZ1 を超えている。しかも安い....

個人的に最も惹かれたのは、カメラ本体よりレンズ。今回供給されているレンズは、キャノン製の10倍ズームレンズなのだ。F値 2.8-3.1 と比較的明るいレンズで、通常のカメラの 35-350 mm レンズ相当。そろそろ本家 Canon からも、コンパクトな PowerShot 10x Zoom デジカメが出るに違い無い。そして Canon 製はきっと、光学手ぶれ補正付き、となるはず。うーむ、キャノン・ファンとしては待ち遠しい。(勝手な期待だが....)

Posted by minami at 6 18, 2003 09:45 PM