6 14, 2003
Sigmarion III をサクサク使う

Palm OS Love の好評連載シリーズ、「あなたも絶対欲しくなる「sigmarion III(シグマリオン3)レビュー」。伊藤氏による第二弾の記事が掲載された。(もうすでに Palm OS Love の特集記事は、"Palm OS" というサイト名の枠を超えてますね ;-p > Eri さん。)

ちょうど先週、Melco WLI-CF-S11G の Wireless LAN カード用のドライバを導入、Sigmarion III を Wireless LAN 環境で使える様にしたところだったので、この記事は大変役立った。Sigmarion III は、新しいソフトを導入し使い込む程に、そのきびきびとして俊敏な使い勝手に磨きがかかる。Note PC の代わりとして利用することに、自信が付き始めた。

固定料金 PHS 通信カードの @FreeD は、Air H" との共用に気が引けてまだ導入していないのだが、ちょうど所有していた CF 型 Wireless LAN カードのドライバがあることを掲示板で知って、先週導入してみた。Sigmarion III で使ってなかなか電池が持つことは Palm OS Love の特集の内容の通りだが、当方が注目したのはその動作速度。

Internet Explorer を使って試しに自分の Blog にアクセスしてみると、最初8-10秒待たされるが、その後ビュンと読み込まれる。この速度、タダモノではない。Zaurus SL-C750 でも同じカードを装着して Wireless LAN で試してみたが、ここまで速くは無かった。同じ 400MHz の PXA255 チップを使っているはずなのだが。IE で表示される Blog ページのレイアウトも、PC で表示されるものとほぼ同等で、Side Title の処理が横になったり下になったりすることが多い Zaurus SL-C750 や CLIE の NetFront Ver. 3.0 ブラウザよりも使い勝手が良いし、動作もきびきびしている印象だ。(もうひとつプリインストールされているブラウザの Pixcel Browser でも読み込みスピードは速いが、JAVA 処理の問題か、Blogrolling がうまく表示されないので、当方はもっぱら IE を利用している。)

CF Wireless LAN カードと Windows CE 用の IE の組み合わせがなかなか気に入って、次になんとかしたかったのが Mailer。Sigmarion 標準 Mailer の Outlook と同じインターフェースの「受信トレイ」は、動作がどうも遅くて、折角の Network の高速化に着いてきていない印象だったので、これをなんとかしたいと思っていた。そこで、前出の伊藤氏記事に掲載されていた、nPOP を導入。メールサーバ上のヘッダーをすばやく降ろしてきてくれるので、極めて高速で、実用的。機能は受信トレイほど多機能ではないが、その分スピード感がぐっと上がる。

Mobile でメール受信を行うとき、特に PHS 通信カードなどを利用していると、地下鉄駅で電車を待ちながらメールのヘッダー、本文、添付ファイルすべてを受信しようとして、そこに電車が到着してしまい、やむなくメールダウンロードの途中で地下鉄乗車、なんてことがこれまで良くあったが、nPOP ならすばやくヘッダーだけを降ろしてくれるので便利。あとは、地下鉄が次の駅に到着する度に、必要なメールだけを読み出す、そんな使い方も可能となる。

同じ伊藤氏特集の中の Pocket Outlook Viewer の ROSE もとても使い勝手が良い。Sigmarion III 標準スケジューラーの「予定表」を利用すると、スケジュール容量の多い当方は立ち上がりまでに5呼吸くらい待たされる感じで、実用性を感じていなかったが、ROSE はビュンと立ち上がる上に、画面いっぱいに月間スケジュールを表示してくれる。この一覧性は本当に、素晴らしいし、動作速度も数倍上がることになる。

Sigmarion III と PC を結ぶ USB ケーブルは、他製品の USB ケーブルが使えることが知られているが、当方の場合でも、Canon の USB 接続電卓についているケーブルや Sony Memory Stick USB Reader MSAC-US20 付属のケーブルが問題無く利用出来た。汎用ケーブルがシンクに利用できる PDA というのはある様で無い(高価なケーブルがメーカーの利益源になっていることが多い)ので、これは嬉しいところだ。

ということで、Palm OS Love の伊藤氏の特集は、Sigmarion III ユーザーの当方にとって、システム全体のさらなるサクサク化を行う上で大変役立った、のでありました。伊藤氏に、感謝。

Posted by minami at 6 14, 2003 10:09 PM