January 22, 2003
Evan vs Dave

Joi のページでも度々紹介されてきたが、有料 ASP モデルを米国で展開する Blogger と、クライアント・ソフトウェアパッケージベースのツールを販売するモデルの Radio Userland の間の、それぞれの CEO が自ら執筆する Blog を通じた論戦が活発化している。

RSS の取り扱いを Server 主体とするか、Client 主体とするか。ブラウザーか、専用 Client ソフトか。二人の主張の中に、両者の事業展開を背景とした、譲れない強い主張が含まれている。

今後の Blog ビジネス・モデルの方向性を示唆する、オープンだが激しい、率直なやりとり。これが Blog 上でオープン・ディスカッションになっている点が、重要。こういうやりとりを多くの人が読み、コメント参加することで、結局は Blog という新しい市場全体を、健全で公開された競争環境の中で広げている。

Evan、Dave は性格も違い(Evan は冷静で静かにものごとを進めるタイプ。Dave は多人数が出席する会議でも大きな声で自分の意見を主張し、アツくなりやすいタイプ。)、ビジネスへの考え方も異なることから、協調の道ではなくそれぞれのビジネス・モデルをつきつめる方向へ進むことになる様な予感がある。

いずれにしても、Blog のビジネスを色々な視点から考えさせる論争は、どんどん進めて欲しい。今後大きな市場として立ち上がる前の黎明期だからこそ、それぞれがリードをとりたい、という目論見もあっての公開された議論ではあるが、今のオープン・ディスカッションの姿勢を、市場が立ち上がってからも、Evan - Dave には続けて欲しいと願っている。

Posted by minami at January 22, 2003 10:26 AM | TrackBack
Comments

これは非常に興味深い議論です。視点は2つあって、ビジネス上の成り行きとpersonal publishingの将来型を決めることにもつながるかもしれないと感じます。私もwatchingを続けます。

Posted by: Hidehiro MATSUMOTO on January 22, 2003 10:31 PM

Watching を続けるにも、Blog のツールは便利ですね。それぞれの Blog で新しい主張が upload されると、Blog Rolling でわかりますからねー。やはり Blog は、Web の機能をフル活用した次世代型 Communication Tool だという思いを深めつつあります。

この二者の論戦のもうひとつの視点は、Blogger はビギナー層に支えられ、Radio Userland はエキスパート層により支えられているというところでしょうか。

結局ユーザーの使い方によって、どちらのツールも必要だということになるのだと思います。

Posted by: minami on January 22, 2003 11:28 PM
Post a comment
Name:


Email Address:


URL:


Comments:


Remember info?