June 15, 2003
iMode で使える簡易メーラー i-nPOP

FOMA を導入し、デュアルネットワーク・サービスに加入して PDC 端末の P504iSがサブ機化してからひとつだけ困ったことが生じていた。これまで愛用してきた iMode 用メーラーのリモートメールが使えなくなってしまったのだ。原因を調べると、有料のオフィシャル・サイトは、メイン機である FOMA 機側からしか登録・使用できないことになっている。

FOMA/PDC 2台の端末を安価に共用出来て便利に思えたデュアルネットワーク・サービスだが、やはり良いことばかりでは無かった。サブ機の PDC 端末は、いろいろ制約を受けることになる。サブ機とは言っても FOMA の電波が都会でも頻繁に切れる現状、どちらか一台だけを持って外出、となると、P504iS の方を持って行きたくなるケースが多い。メーラーが使えないのは、大きな痛手だった。すると、昨日 Sigmarion III に導入した高速 POP3 メーラーの nPOP が、i-Mode にも対応しているではないか。

早速導入。i-Appli 版の方は相性もあるのか、会社のメールサーバーとうまく連携できなかったが、CGI 版の方は問題無く動作した。

MS Word の添付ファイル等までサーバー側のサービスとして Text 変換してきちんと見せてしまうリモートメールと比較すると、機能は極めてシンプルで、添付ファイルのコードがバイナリで見えてしまったりするが、そもそも iMode でメールを見るのはメールのヘッダーや本文中心で、高速動作する方が良い、と割り切れる人にはこれで十分。パスワードも、リモメ同様画面メモ機能で端末側に記憶される。やっとこれで、サブ機の P504iS からも POP3 のメールサーバを直接閲覧出来る様になった。

有料だがより高機能なリモートメールは、メイン機の FOMA 上で今後とも活躍することになるが、PDC でも POP3 メーラーの環境が整って、とりあえずは一安心。

Posted by minami at June 15, 2003 09:08 AM | TrackBack
Comments
Post a comment
Name:


Email Address:


URL:


Comments:


Remember info?